アントワープでルーベンスの家を見学。
その続きからです。


ベルギー&パリ一人旅 2日目④


少しお昼の時間には早いですが、ランチに向かいます。

ランチのお店は、目星をつけていました。
美味しいと評判のパン屋か、フリッツのお店。

GoogleMapで確認すると、どちらとも近いので、行って見比べてから
どちらにするか決めようと思っていました。

パン屋さん、、GOOSSENS(ゴーセンス)
閉まってる。。。。

ということで、消去法でフリッツのお店へ。

FRITES ATELIER (フリッツ・アトリエ)

DSC05626

ミシュラン二つ星シェフが手掛ける、じゃがいもにまでこだわった
フリッツ専門店らしい。

DSC05616

初フリッツなので、スタンダードなのにしようかと最初は思ったのですが
ランチとして食べるのでビーフシチューがかかっているものにしてみました。

ドリンクはよくわからないけど、お洒落そうなやつをチョイス。

席は少なめでしたが、中で食べることも可能です。
DSC05617

出来上がったら名前を呼ばれるので、自分でカウンターへ取りに行くスタイル。

DSC05621

ビーフシチューがかかっていますが、壁際にあるソースも使っていいようで
親切な店員さんが味の説明までしてくれました。

DSC05618

全部は覚えていませんが、スタンダードなマヨネーズ、
にんにく入りのマヨネーズ、チリ入り・・・などなどあったかな。

一番端の最後の1個は、、、
英語ではどういうかわからないんだけど、オランダ語で~ってやつなの!
って説明してくれたけど、店員さんがわからない英語が私にわかるはずなく(笑)

結局、スタンダードなマヨネーズにしました。
ビーフシチューがかかってない部分のポテトに、このマヨネーズをつけて
食べれば、スタンダードなフリッツ。

ビーフシチューはお肉がよく煮込まれていて、美味しい!

ビーフシチューはベルギー名物のフランドル風カルボナードだと思うので、
名物料理が1度に楽しめてラッキーでした☆

クレジットカードでお支払いして、請求額は1500円くらいだったので
フリッツにしては、お値段はちょっと高めですね。

でも味は美味しかったし、ボリュームもかなりありましたよ。


そういえば、ランチを食べ終わった後、このお店の2階にあるトイレを
使わせてもらったのですが、男性と女性で個室がわかれていて、
その表記がオランダ語のみだったので、どっちに入ればいいのか
わかりませんでした…(^_^;)

英語表記や絵文字での表記がない場合もあるので、旅先の母国語の
簡単な単語ぐらいは覚えておかないといけませんねっ。

ちなみに、男性は「Heren」、女性は「Dames」でした。



にほんブログ村