紗祐美の旅行メモ ~ときどき一人旅~

地方都市在住、30代独身OLの旅ブログ。 海外一人旅も経験あり。

ソウル&スリランカ

準備編①スリランカに行くことにしたが、飛行機どれにしようか?

こんばんは、紗祐美です。
 
2018年のゴールデンウィークにスリランカに行くことにしました。
日本の同じ空港から旅立てれるなら、旅行会社でツアーを
予約するのもありなのですが、一緒に行く友人が海外在住です。
 
なので、必然的に現地集合となります。
友人の在住国からはスリランカへは直行便が数社から出ているらしいですが
現在、日本からだとスリランカ航空のみで、しかも成田発着。
 
私の住んでいる県の空港には成田便がありません。
なので、成田からのスリランカ航空の直行便を使用するなら
地元空港から羽田便で羽田へ行ってバスに乗って成田に行くか
伊丹空港まで行き、成田便で成田に行くかになります。
しかも、成田ースリランカ便、毎日出ていません。
 
だったら、海外の空港で乗り継ぐ方が便利そう
と思い、いつも通りスカイスキャナーで検索。
 
3つの航空会社に絞り込みました。
 
①エアアジア
関空ークアラルンプール-コロンボ
 
②中国東方航空
地元空港ー上海ーコロンボ(行き)
コロンボー昆明ー上海ー地元空港(帰り)
 
③大韓航空
地元空港ーソウルーコロンボ
 
で、いろいろ考察。

①はLCCなのに、高い。
プラスで関空までの交通費もかかるというのに…。
なので、却下。 

②が一番安かったのですが、帰りの乗り継ぎが特に不安。。
中国東方航空をよく利用している会社の同僚から
遅延の多さや対応への文句の数々を普段から
聞いていたので、やめておきました。
 
③の問題点は、行きがソウルで乗り換え時間が10時間ほどあること。
でも、ソウルを一人で観光すればいいのでは!?と思いつき
大韓航空にすることにしました。
 
ということで、飛行機は決定です。
約86000円でした。

最初に書いちゃうと飛行機をどれにしたかわかっちゃうので、
ここでサブタイトル↓↓

ソウル1人立ち寄り旅&スリランカ現地集合旅 準備編#1

でした。
あ!でも、カテゴリでわかっちゃいますね(笑)

飛行機だけでは旅はできない。
次回は、ホテルや現地での観光手段について書きますね(^^)/


にほんブログ村

準備編②スリランカ現地集合旅、チャーターカーとホテルの予約

こんばんは、紗祐美です。

スリランカへの航空券を購入して一安心。
年が明けてしばらくしてから、そろそろ他の準備もしなければな〜と
思い始めました。

ソウル1人立ち寄り旅&スリランカ現地集合旅 準備編#2

飛行機のチケットはとりましたが、それ以外はまだノープランです。
とりあえず、ガイドブックを読み漁りました。

世界遺産を中心に観光したい。
スリランカには8つ、世界遺産がありますが、日程的に全ては無理。
優先的に行きたいところを考えた結果、ベルトラの↓のツアーで網羅できそう。

コレにしようかと思ったのですが、友人に他の旅行会社に
何社か見積をとってみようと提案されたので、そうすることに。

友人と相談して行きたいところや、やりたいことをピックアップ。
それぞれの飛行機の時間と希望を記載して、メールで2社に依頼しました。

結論。。イーツアーズさんにお願いすることにしました。
http://tours.yasmeen.jp/

決め手は・・・

日本語ガイド兼ドライバーが確約だったこと。
もう1社は日本語または英語ガイド兼ドライバーでした。

チャーターカーのみ予約できたこと。
ホテルも提案してくれたのですが、提示された金額が自分たちで
予約した方が明らかに安そうでした。
行程さえわかれば、宿泊エリアがわかるし自分たちでホテルを選びたいよね?
ということになり、イーツアーズの担当者に相談したら、
チャーターカーだけの予約でもあっさりOKしてくれました。

安価だったこと。
提案してくれたホテルが他の会社よりランクが下だったり、
遺跡の入場料が含まれていなかったりするのですが、トータルで安かったです。
それに、前述したとおりチャーターカーのみ予約したのですが
ホテルとセットで予約しなくても、割高になることもありませんでした。

チャーターカー(日本語ガイド兼ドライバー)、4日間で約70000円でした。
ガソリン代とガイド兼ドライバーさんの宿泊費も含まれています。 


ということで、ホテルの予約はお願いしなかったのでホテル探しを始めました。
でも、けっこうあっさり決定。

1泊目と2泊目はシーギリヤに宿泊。
どうせならシーギリヤロックが見えるホテルがいいので、Hotel Sigiriyaにしました。
税金込:約180ドル

3泊目はキャンディに宿泊。
仏歯寺に近い方が便利だろうとCafe Aroma Inn にしました。
税金込:約68ドル


あと、忘れてならないのは電子ビザ!
といっても、現地でもとれるらしいです。
でも、事前にとっておけば少し安いし、時間もかかりません。
約3800円でした。 


事前に予約したのは、これくらいかな。

2人だとチャーター代とかホテル代とか割り勘できるがいいですよね。
(上記に記載の金額は、ビザ以外は2人分の料金です)
実はチャーターカー代は半額ではなく私が多めにお支払いしました。
その理由は、また後日に。

では、次回から旅の様子を書いていきたいと思います( ´∀`)


にほんブログ村 

スリランカに行く前にまず韓国へ。そしてラウンジデビュー★

こんばんは、紗祐美です。
準備編に続いて、実際の旅の様子を書いていきますね♪

ソウル1人立ち寄り旅&スリランカ現地集合旅 1日目①


地元空港から、韓国へ向かいます。
朝の通勤時間とかぶっていましたが、ゴールデンウィークの中日だったので
道はそんな混んでいないと思っていたのに、意外に混んでいてビックリ。

ちょっと焦り気味で地元空港に到着。
しかも近くの駐車場が空いていなかったので、一番遠い駐車場に車を停めることに。
駐車したら、ちょうど空港までの無料シャトルバスが来たので、慌てて乗車。
車に忘れ物ないよね?鍵ちゃんと閉めたっけ?と不安なすべり出し。。

飛行機の出発時間の1時間半前には大韓航空のカウンターに到着。
Webチェックインをしていたから、そんなに焦る必要なかったのかも。。
1人だと、いろいろテンパる紗祐美です

地元空港からは国際便はあまり出ていないので、ゴールデンウィークでも
出国審査に全然時間がかかりません。
なので、結局時間は余る。。時間配分のできる落ち着いた人間になりたいものです。


ラウンジでのんびりする時間までありました。
DSC02629

そう、この旅からラウンジデビューです!

持っていた普通の楽天カードを楽天プレミアムカードに変更。

地元空港のラウンジは、このカードで入りました。
BlogPaint

もちろんプライオリティパスもゲットしたので、仁川空港では活用するぞ!
BlogPaint

オンタイムでソウルに向けて出発。

機内食。昼御飯にしては、ちょっと早いけど。
DSC02630

ソウルでは約10時間も乗り継ぎ時間があるので、仁川空港主催の
トランジットツアーに参加します。
その様子は次回に書きますね(^^)/


にほんブログ村

仁川空港からトランジットツアーで手軽に観光!無料で参加♪

こんばんは、紗祐美です。
日本を飛び立ち、韓国へ。その続きからです。

ソウル1人立ち寄り旅&スリランカ現地集合旅 1日目②

仁川空港にオンタイムで到着。

今回の旅では仁川空港での乗り継ぎが10時間以上あるので、
どうしようかと考えていました。

自分でソウルの町まで行って、観光しようかと最初は思っていたのですが
そんな時見つけたのが、仁川空港主催の無料のトランジットツアーです!

予約もできるようなのですが、飛行機が遅れる可能性もあるし、
どのツアーにするか迷っていたし、ネットで体験談を読んでみても
当日予約の人が多そうだったので、予約はせずに仁川に到着後
トランジットツアーのデスクに向かいました。

トランジットツアーのデスクは乗り換え窓口の近くにあります。

話を聞くと、パンフレットに載っていても現在は催行していないツアーも
あるようで、時間的に私が参加できるツアーは1つだけでした。

厳密に言うと、韓国に入国して参加できるツアーか、もしくは
空港内でやっているトラディショナルな体験ができるものもあると
すすめられました。

時間があるので、入国するツアーの方にしました。
曹渓寺と清渓川に行くツアー(4時間)です。

DSC02634

それと、トランジットツアーのカウンターの人いわく、私のボーディングパスは
オフィシャルなものではないから、大韓航空のカウンターでオフィシャルな
チケットを手に入れる必要があるとのこと。

Webチェックインを前もってしていたので、私のボーディングパスは
A4の紙に自分で印刷したもの。

地元空港の大韓航空のカウンターでは、これで大丈夫だからと
普通の搭乗券に交換してくれませんでした。

仁川の大韓航空のカウンターに行き、トランジットツアーの担当者に言われたと
伝えたらあっさり交換してくれたのですが、普通は自分で印刷した
ボーディングパスでも大丈夫ですよね??ちょっとした疑問でした。

入国審査を終え、3番出口近くのトランジットツアーのデスクに行き、
正式にツアーの申し込みをしました。
こういうバッチをもらえます。
DSC02636

乗り換え口にあるトランジットツアーのデスクには立ち寄らず、いきなり
ここに来ても大丈夫そうな感じでした。

約1時間後にデスク周辺に集合とのことなので、それまで適当に
時間をつぶしていました。

ストレスなくフリーWi-Fiが使えるので、ネットでツアーで行くところを
チェックしたりしていたら、それほど時間をもてあますことなく
過ごせました。

さて、集合。
英語とちょとだけ日本語が話せるガイドさんでした。

ターミナル2 からは私と外国人男性が、ターミナル1から日本人女性1人が
参加しました。たった3人だけ。タダなのに贅沢すぎます。


まず、清渓川を見に行ったのですが、封鎖していて近くで見学できませんでした。
おそらく、この日は強風で天気が悪かったからかな。
ガイドさんも珍しかったようで、証拠写真だ!と言って写真を撮っていました。

私は強風の中、傘をさして吹き飛ばされないように精一杯で
写真どころではありませんでした

次に曹渓寺。
5つパレスがあってそのうちの2つに行くね。とガイドさんは言っていました。
(英語で説明してくれるのですが、簡単なわかりやすい英語で話してくれます。)


途中、お祭り?なのかパレードをしていました。

DSC02643

1個目のパレスに到着。
DSC02654
風は弱まりましたが、雨が強くなってきました。


途中、寒いだろうとガイドさんが温かい飲み物を買ってくれました。
優しいし、気の利くガイドさんです。

DSC02671

2個目のパレスに到着。
DSC02665

提灯が飾られていてキレイです。

DSC02660

これでツアーは終わりです。
4時間のツアーとのことでしたが、3時間半くらいで空港に帰ってきました。
おそらく、川が封鎖されていたので、その分早めに終わったのだと思います。

天気には恵まれませんでしたが、無料のツアーなのに良かったです 
仁川空港に戻ってからの過ごし方はまた次回に書きますね。


にほんブログ村

 

仁川空港 2018年にオープンしたターミナル2での過ごし方

こんばんは、紗祐美です。
無料トランジットツアーの後の仁川空港での過ごし方の模様です。

ソウル1人立ち寄り旅&スリランカ現地集合旅 1日目③

ツアーが終わり、17時半くらいには仁川空港に戻ってきました。
イミグレを通り、韓国出国。


この日は機内泊なので、まずシャワーを浴びてスッキリしたい!
ちなみに、今回の旅で使用するのは最近できたターミナル2 です。

事前に調べたところ、ターミナル1ならシャワー付きのラウンジが
あったのですが、ターミナル2 ではプライオリティパスで入れる
ラウンジにはシャワーがありません。
でも、無料のシャワー施設があるので、利用させてもらうことに。

http://japanese.visitkorea.or.kr/jpn/TMC/TE_JA_7_5.jsp?cid=2478823
ネットでは、乗り継ぎ客はシャワーキット無料とのことだったのですが
受付で、シャワーキットといいますか、レンタルタオルに2ドル必要だと言われました。

借りてもよかったのですが、小さいタオルしかないと言われたので、
だったら手持ちのタオルでいいや~っと思い、借りませんでした。

中の様子。
DSC02674
シャンプーとソープが常備。
ただ、ソープの方は中身が無くなっていました。
空いている個室はいっぱいあったので、よく確認してから入ればよかった。。
ドライヤーもありました。(写真では切れていますが、右端がそうです。)

シャワーをあびてスッキリした後は、近くのラウンジへ。
DSC02676

晩御飯をいただきました。
DSC02678

ここのラウンジ、21時までのようなので、退出。

買い物でもしようかと思いましたが、そろそろ店仕舞なのか
どのお店でも、レジのお金を数えています。
入りにくい。。特にほしいものもないので、買い物は取りやめました。

でも、仁川空港には座り心地の良さそうな椅子もたくさんあるし、
ナップルームもあるし、Wi-Fiもストレスなく使えるので、
待ち時間も苦痛ではありませんでした。

さて、ボーディングタイムになったので、飛行機に乗り込んで
いよいよスリランカに向けて出発です!

ゴールデンウィークだけど、日本発ではないので、
あまり混んでいないかもと思っていたのですが満席っぽい。
しかも見渡す限りスリランカ人?の男性ばかりです。
何となく居心地悪い。。

しかも、隣の人はなぜか頻繁に自撮りしていて、こっちに手を伸ばしてくる
邪魔だなと思いながら、出来るだけ気にしないよう努めつつ機内食を
食べたあとはひたすら寝ていました。

DSC02682

DSC02683

スリランカに着いてからの様子は次回に書きますね(^^)/


にほんブログ村

ブログの管理人

a6b27e51

名前:紗祐美(さゆみ)

地方在住の30代独身OL
年に2~3回海外旅行が楽しみ
海外一人旅にもチャレンジしました
一人旅に興味があっても迷っている…
そんな方の後押しになれたら嬉しいです♪

詳しくはカテゴリの
About meから★

楽天市場
Amazonライブリンク