紗祐美の旅行メモ ~ときどき一人旅~

地方都市在住、30代独身OLの旅ブログ。 海外一人旅も経験あり。

アントワープ

ルーベンスだらけのアントワープ☆美しい教会を2箇所見学

アントワープ観光。
残念ながら、聖パウルス教会に入れなかった続きからです。


ベルギー&パリ一人旅 2日目⑦


聖パウルス教会には入れませんでしたが、気を取り直して
他の教会に行ってみます。


聖カルロス・ボロメウス教会 
Saint Carolus Borromeus Church
DSC05687

内部。
ここも美しい教会です。

DSC05689

有名なのは、ルーベンスの「エジプトから帰還する聖家族」
DSC05694

他にも絵画がたくさん!

DSC05696

DSC05693


2階からの眺めです。
DSC05698
窓に沿って、ずらーっと絵画が並べられていました。



聖ヤコブ教会
St. James' Church

DSC05706

こちらも美しい教会です。
ルーベンスとその親族が埋葬されているらしいです。

DSC05707

DSC05708

DSC05712

内容が読めないのでわかりませんが、展示もあり。
DSC05721

DSC05723

ほとんど観光客がいないのが疑問なくらい素敵な教会でした。
DSC05724

ただね、一部工事中でした。。
DSC05727


どちらとも素敵な教会でした♪

ヨーロッパの教会って、美術館並に素敵な展示や内装だったりするのに
中には無料のところもあるし、疲れたら座って休めたりする教会もあるので、
ヨーロッパ観光には重宝するな~と個人的に思います。


さて、アントワープは堪能できたので、そろそろブリュッセルに移動することにします。

アントワープ中央駅でも切符はすんなり購入できました。
英語に切り替えできる券売機なので、助かります。
DSC05730

ロッカーに預けていた荷物をピックアップしてホームへ。
DSC05729

今回はGoogleMapでホームの番号まで表示されたので迷うことなく
ICに乗り込むことができました。

空港からアントワープに来るときは不安で周りに聞きまくりましたからね。



約40分くらいでブリュッセル中央駅へ到着。
まずはホテルへチェックイン。

ちなみにホテルはグランプラス近くのホテルにしたのですが、
道中が石畳でスーツケースを運ぶのに一苦労でした。

ブリュッセル中央駅からホテルへは、下り坂が多かったのでまだましですが、
帰る時は上り坂なのか・・・と思うと、気が重かったです。。。

ホテル到着が17時前だったため部屋も用意されていたので、
すぐにお部屋に通してもらえました。

「ホテル フローリス アルルカン グランプラス」というホテルです。
この日と翌々日も同じこのホテルに泊まるので、
ホテルの紹介は後日にまとめてしたいと思います。

機内泊後の早朝からの観光だったので、さすがに疲れた・・
ホテルで一休みしてから、お出かけすることにします。

続きは、次回に書きますね。


にほんブログ村 

ベルギー アントワープ 美しい町並みを女ひとりで散策☆

アントワープの目玉とも言えるノートルダム大聖堂で
ルーベンスの絵画をたくさん鑑賞した続きからです。


ベルギー&パリ一人旅 2日目⑥


ノートルダム大聖堂を見学した後は、プランタン・モレトゥスの博物館へ。
DSC05676

活版印刷博物館です。そして、こちらは世界遺産です。

でも中には入らず。。。

なんとなく海外で博物館って遠慮しちゃうんですよねー。
美術館は、絵画などが中心なので言葉がわからなくていいか〜と思えるのですが
博物館は、説明文がわからないのはなぁ…と思っちゃって(ー ー;)

でも世界遺産なので、外観だけでも見ておきたかったのです。
写真におさめたら、次へ移動。


市庁舎にやってきましたが、工事中。
DSC05681

市庁舎前の広場には、ブラボーの像。
ブラボーが巨人の手を投げている様子の像ですね。

アントワープの地名の由来とも言われる英雄ブラボーの伝説。
オランダ語で「手(ant)を投げる(werpen)」という言葉がなまって
アントウェルペン(アントワープ)となったのだとか。

DSC05680

こちらも、サクッと見学して、次の目的地へ。

移動中の町並みも素敵すぎる☆
DSC05683


聖パウルス教会にやって来ました。
DSC05685

しかーし、これから結婚式が行われるらしく中に入れませんでした。
残念すぎる(ー ー;)

気を取り直して、他の教会に行ってみることにしました。

続きは次回に書きますね♪



にほんブログ村

アントワープ大聖堂「フランダースの犬」ネロが観たかったルーベンスの絵!

フリッツのランチを食べた後は、アントワープ観光再開です。


ベルギー&パリ一人旅 2日目⑤


ランチの後は、ノートルダム大聖堂へ。

 DSC05630

ルーベンス像の後ろが、ノートルダム大聖堂。
残念ながら工事中。。

DSC05632


ノートルダム大聖堂の前には、、
DSC05634

ネロとパトラッシュのモニュメントがあります。
DSC05675

そう、このノートルダム大聖堂は、あの『フランダースの犬』の
ラストシーンの舞台になったところです。

内部には、ネロが観たかったルーベンスの絵があります。

さて、中に入ります!
DSC05636

キリスト昇架。

DSC05646

これ対をなす、キリスト降架がネロが観たかった絵らしい。

聖母被昇天。
DSC05663

ほかにもたくさんの絵画があります。
DSC05667

DSC05672

正直なところ、ルーベンスでお腹いっぱい(笑)
さっき、ルーベンスの家にも見学したので(^_^;)


DSC05648

ルーベンス絵画だけでなく、大聖堂内部装飾も素敵☆


DSC05655


アントワープ観光の目玉なので、チケット売り場と入口は行列でした!
でも、中はそこまで混雑してなかったので、自分のペースで観てまわれました。

ノートルダム大聖堂を堪能した後は、次の目的地に向かいます。
続きは、次回に書きますね(^。^)



にほんブログ村

アントワープ 星付きシェフのフリッツ専門店でランチ@FRITES ATELIER

アントワープでルーベンスの家を見学。
その続きからです。


ベルギー&パリ一人旅 2日目④


少しお昼の時間には早いですが、ランチに向かいます。

ランチのお店は、目星をつけていました。
美味しいと評判のパン屋か、フリッツのお店。

GoogleMapで確認すると、どちらとも近いので、行って見比べてから
どちらにするか決めようと思っていました。

パン屋さん、、GOOSSENS(ゴーセンス)
閉まってる。。。。

ということで、消去法でフリッツのお店へ。

FRITES ATELIER (フリッツ・アトリエ)

DSC05626

ミシュラン二つ星シェフが手掛ける、じゃがいもにまでこだわった
フリッツ専門店らしい。

DSC05616

初フリッツなので、スタンダードなのにしようかと最初は思ったのですが
ランチとして食べるのでビーフシチューがかかっているものにしてみました。

ドリンクはよくわからないけど、お洒落そうなやつをチョイス。

席は少なめでしたが、中で食べることも可能です。
DSC05617

出来上がったら名前を呼ばれるので、自分でカウンターへ取りに行くスタイル。

DSC05621

ビーフシチューがかかっていますが、壁際にあるソースも使っていいようで
親切な店員さんが味の説明までしてくれました。

DSC05618

全部は覚えていませんが、スタンダードなマヨネーズ、
にんにく入りのマヨネーズ、チリ入り・・・などなどあったかな。

一番端の最後の1個は、、、
英語ではどういうかわからないんだけど、オランダ語で~ってやつなの!
って説明してくれたけど、店員さんがわからない英語が私にわかるはずなく(笑)

結局、スタンダードなマヨネーズにしました。
ビーフシチューがかかってない部分のポテトに、このマヨネーズをつけて
食べれば、スタンダードなフリッツ。

ビーフシチューはお肉がよく煮込まれていて、美味しい!

ビーフシチューはベルギー名物のフランドル風カルボナードだと思うので、
名物料理が1度に楽しめてラッキーでした☆

クレジットカードでお支払いして、請求額は1500円くらいだったので
フリッツにしては、お値段はちょっと高めですね。

でも味は美味しかったし、ボリュームもかなりありましたよ。


そういえば、ランチを食べ終わった後、このお店の2階にあるトイレを
使わせてもらったのですが、男性と女性で個室がわかれていて、
その表記がオランダ語のみだったので、どっちに入ればいいのか
わかりませんでした…(^_^;)

英語表記や絵文字での表記がない場合もあるので、旅先の母国語の
簡単な単語ぐらいは覚えておかないといけませんねっ。

ちなみに、男性は「Heren」、女性は「Dames」でした。



にほんブログ村

ベルギー アントワープでルーベンスの家を訪問☆素敵な邸宅の美術館

美しいアントワープ中央駅を見学した続きからです。


ベルギー&パリ一人旅 2日目③


ルーベンスの家に到着。
DSC05580

オープンは10時からです。
ちょっと早めに到着したので、近くのベンチに腰掛けて時間までぼーっと待つ。

このルーベンスの家のために、最初たてたプランを変更しましたからね。


待ってでも見学します!

時間になったので、チケット売り場へ。
意外に、たくさんの人が並んでいてビックリ。

チケットを買うときに年齢を尋ねられました。
25歳以下なら、安いチケットが買えるようです。
四捨五入すれば40なのに、そんなに若くみえるのかねー?( ^ω^ )
、、、なんて思いながら、普通のチケットを購入。

あとは、出身国も聞かれました。
もしかすると、年齢と国は集計してるのかも?
25歳以下にみえたから年齢を聞かれたわけではないかも(^_^;)

残念ながら、日本語のパンフレットはなかったので、
英語のパンフレットを一応いただきました。
ほとんど使いませんでしたが・・・。

では、入場。

ルーベンスが当時住んでいたおうちです。
DSC05585

ルーベンスは宮廷画家だったし、当時から有名人でお金持ち。
死んでから認められた画家とは違いますねー。


お庭も素敵。(2階のベランダから撮影)
DSC05586

写真禁止のマークは付いてなかったので、写真は撮ってよかったようです。
ただ、まわりの見学者が誰一人として、写真を撮ってなかったので、
最初の方は撮っていいものかわからず、撮らずに見学していました。

途中から、写真を撮っている人を見かけたので、
やっぱり撮ってよかったんだーと撮り始めたのであります。

この人がルーベンスさん。
DSC05595

たくさんの絵画、内装も素敵。
DSC05597

DSC05598

DSC05602

最後にお庭を見学して終了です。
DSC05603

DSC05608
DSC05610

1時間くらいでみてまわれたかな。
なぜなら、展示物の解説文が英語なのでじっくり読みませんからね。

解説文を読みながら、じっくり見学するならもっと時間はかかると思います。

さて、時間は11時過ぎ。
少し早いですが、次はランチに行きましょう☆

続きは次回に書きますね。


にほんブログ村 



ブログの管理人

E6C6C41E-253F-46E8-B0E4-7DB9FAA30925

名前:紗祐美(さゆみ)

地方都市在住の30代独身OL
年に2~3回の海外旅行が楽しみ
ときどき海外一人旅もします
一人旅に興味があっても迷っている…
そんな方の後押しになれたら嬉しいです

詳しくは、カテゴリの
About meから★

楽天市場
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。